LOADING...

お知らせ

お知らせ

ERA検査を導入いたします。

当院では、ERA検査という内膜の着床時期を遺伝子解析で診断する方法を取り入れています。
胚移植前にこの検査を行い、着床時期を判断した上で移植を行なった場合の妊娠判定の陽性率は 80パーセントを超えるというデータがあります。
着床時期を診断せずに移植した場合と比較し、優位に妊娠率が高くなっています。

詳しくは当院受付までお問い合わせください。

一覧へ戻る